ちょっと考えてみたい現代の常識

>

おしらせするのが親切

挨拶の手土産は?

挨拶の際の手土産として、一般的にはタオルが多いようです。
地域の慣例によっても違うようですが、誰もが使え、もらってちょっとうれしいものというラインを目指しましょう。
これまでに近隣で工事があることで挨拶を受けたことがあり、なにか頂いたことがある場合にはそれに合わせて同等のものを用意するのも一つの方法です。

タオルの他には、洗剤、石けん、スポンジなどの日用品が選ばれています。
一つの条件として不在時、ポストに入れられ、悪くならないものが良いようです。
お菓子も好まれますが、不在のとき置いてこられないことから避けるひともいるようです。直接渡せたときはお菓子、不在時はタオルなど両方対応できるようにする方法もあります。値段としては500円から1000円程度であると、気軽に受け取るにはちょうど良いようです。手土産はあくまで気持ちで、値段ではないと心得、お互いの負担にならない心遣い程度が一般的なようです。

一歩ずつ、お互い楽な関係作り

リフォームが決まっても、あいさつをする必要はない!と言い切ることは残念ながらできないようです。大なり小なり、工事をすることを周囲に通知することが礼儀の一つになってきているようです。

長年ずっと住み続けている所であれば、顔見知りの人も多くなります。そうなると、わざわざ自宅に伺って、タオル等粗品を渡して工事をしますということを伝えるのは大袈裟に思うひともいるかもしれません。

小さな子供がいる、ペットを飼っているなどそれぞれのうちの事情があり、ある程度うるさくなってしまうのは「お互いさま」と考えることもあると思います。

それならば、散歩や買い物等外出時に会った時、一言。「いつから工事がある。うるさくなることもあると思うけどよろしくね。」などと、あいさつというしっかりとした形でなくても気軽に普段の会話の中で交わせる関係を築いていけると良いですね。


この記事をシェアする